ホウチガブログ

~方向性の違いでブログ始めることになりました。~

MENU

〈531.協力とか開発とか〉

3月12日。

 

国際協力って言葉。なかなか難しい。

円周率とおんなじくらい難しい。

 

 

国際協力ってことばがもはや国際って言葉で壁を作ってるんじゃないかとか、協力っていうのは無意識で行われるもんなんじゃないかとか。

いろいろ屁理屈みたいなことを考えてしまう。

 

そしてそれがビジネスで成り立つのがわからない。協力って有償のものなんだっけな。ビジネスで成り立つのはいいことだと思うけど、それは協力じゃなくてパートナーシップのほうがいいよな、とか。

国際協力って言葉はもう時代遅れなのかしら。

 

 

学部時代に勉強したら、持続可能な開発はビジネスで成り立つとか聞いた。これも難しい。

持続可能っていう定義がわからない。持続しました、っていうのはどこに境界線があるんだろう。調べれば出てくるんだろうな。

内発的発展とか外発的発展とか。結局なにがいいのかはケースバイケースなんだろうけど、どこで結果を取ってるんだろう。

 

 

社会の発展とか開発とかは難しい。

正解とすることはできるかもしれないけど、それによって消えていく社会と文化とか、そういう小難しいやつらがある。

 

 

答えが分からなくなったので、開発とか教育とかから距離を置くことにしました。

それを真摯に向き合って戦う人のパッションとかバイタリティについていけなくなったのもある。とにかくそういうひとたちは強すぎる。

目の前の羽虫に気を取られるような人じゃないんだ。すごい。

 

でもすごくない人にはその人の役割があるんだと思った。

現実を伝える仕事の方が魅力的に見えた。でも僕がそれを魅力的に感じたのはある意味ずるいのかもしれない。

直接開発したくないけど、僕の何かをみて世界を良くしたいと思わせたい。

 

直接手を下さずに、それでいて幸せに繋げられる。

この選択はずるい。

でもそれも必要でしょうと勇気づけるのです。

それでだれかの勇気をつけられる日が来たらなぁ。