ホウチガブログ

~方向性の違いでブログ始めることになりました。~

MENU

〈930.ペットと人間と愛と〉

4月15日。

 

我が家の犬を見ていると不思議な気持ちになる。散歩に行く準備をするだけで大はしゃぎして、おやつの袋の音がするだけでおさわりをして待ち、首回りを掻いてやると気持ち良さげな顔をして、帰宅すればわざわざ起き上がって迎えてくれる。

これを従順・愛玩動物と言えるんだろうけども、言ってしまえば猿に飼われる犬ということだ。上下関係を考えてたりするんだろうか。

 

 

人間を猿と言い切ってしまうのはアレだけどもとりあえず自分のことなので猿ということにする。僕みたいな猿に、顎も脚も優れている犬がなぜ従順なのだろうか。

そこに愛があると僕は思い込んでいるけども、我が家の犬たちは愛を持っているのだろうか。エサやおやつ、散歩という娯楽を与える猿だからいう通りにしているだけなんじゃなかろうか。

かわいいからどうでもいいけども、我が家の犬よ、それでいいのか。

 

 

もし我が家の犬が信頼関係を築いておらず、飢餓状態で、平原で一対一で対峙したとしよう。

僕らに勝つ術はあるのだろうか。人間は足と腕が4つ使えるけどもどれも最強の一撃はない。それに比べて犬が本気で噛んできたら骨も砕ける。

だから熊とか虎を飼っている家庭や動物園では時々事件が起きてしまうのかもしれない。餌が足りなければ、運動が足りなければ、ストレスだらけになれば鬱憤を晴らすためには攻撃をしてくるだろう。

 

本来は犬だってそうだろう?もっと散歩したいだろうし、おやつだって袋の場所を知ってるんだから無理矢理食べることだって不可能ではない。

なぜ攻撃せず、大人しく伏せをしたり上目遣いでこちらを見てくるのか。しっぽをふって帰りを待ってくれるのか。不思議な気持ちになってくる。

 

 

それが愛ということなのか。

メリット・デメリットはあれど、それを成立させている信頼関係を重視すること。もちろん、人間同士なら信頼関係もメリットのためだということもあるかもしれない。だとしてもそれも含めて愛なんじゃなかろうか。

目の前の一億円と人。秤にかけるまでもなく人を選べばそれは愛だろう。いかにそれが計算高くてもその行動を選ぶのは愛の一種と線引きできないような気がする。

 

じゃあ、我が家の犬におやつの山と俺を選ばせたら俺を選ぶかと言われればそうではないだろう。100%おやつを食べる。

人間の愛との違いで言えば、言語による意思疎通の有無だろうな。

 

愛ってなんだ。

〈929.ファストフード〉

4月14日。

 

どうでもいいけどどうでもよくなかった話。

教習所の近くにマクドナルドがあるので暇な時間はそこで時間を潰している。

それでさ、ご存知ですかい?サムライっていうジャンルのバーガーがマックに最近できたの。おそらく期間限定で、醤油ソースっていうことでサムライなのかしら。

それがアホみたいに上手いんだ。その話。

 

 

醤油ソースというとまぁそういうもんかもしれないが、和風ソースに近い。それがねうまいのよ。

確かにハンバーグを和風ソースで食べるけども、ハンバーガーに和風ソースってあんまりないと思う。なんでだろう。ジャンキーさが薄まるのかしら。

サムライバーガーはそれがジャンキーでうまい。しかもチーズがなんか濃厚な気がした。どういうんだかわからないけど、マックだとずば抜けて好きだな!

基本はテリヤキが好きだからかもしれない。濃厚だし、肉厚めだし。バーガーキングとテンションとしては近いと思うぞ!

 

 

わーわーいうとりますが、ファストフードのなにがいいってコーラが適度に薄いことなのよ。普通に買うコーラはあんまり好きじゃなくて、ファストフードだと薄まってるおかげでコッテリな肉をコーラが邪魔しないのよ。経済的にはせこいかもしれないけど、味的にはこれのがいい。

今日はシェイクも頼んじゃってマックとしてはリッチな飯を楽しませてもらったぜ。

 

 

ファストフードってもっと発展していいと思うんだよね。

現状ジャンキーなものしかないけど、もっとヘルシーなものだったり、スイーツだったり、ガッツリだったり、和食だったり。

そもそもフードにこだわらなくてもいいと思うんだけども。いわゆるカフェ的な使い方とテイクアウトが両立すればファストフード店みたいなもんだし。

大学生身分からしたらもっとほしいけど、大人になったらいらなくなるのかもしれない。仕事があれば昼間は会社か家だろうし。わざわざカフェに行って仕事はしないかも。

 

他の何か生まれないかしら。

そしたら気軽にもっと楽しくなるだろうに。

〈928.教習所〉

4月13日。

 

ついに、ようやく、満を辞して、車の免許を取ることにした。群馬にいたら自転車だと不便で仕方ない。この時期風も強いし、雨が降ったら行動できないし。車のあるなしでかなり変わってくるだろう。

ということで学科やら技能やらを受け始めるのだけど、いまいち運転することがよくわからない。運転席に座ったことがなけりゃそうか。

 

 

学科は思ってたより常識問題なので逆にびびる。常識を知らないというのはとんでもなく恥ずかしいぞ。そういう意味で間違えられないし、これはひっかけなんじゃないかとめちゃめちゃ疑心暗鬼になる。

それも含めて新鮮な経験だから楽しいんだけども。人がいないのでマンツーマンなのはやや大変だけども。

 

 

しかし教官は大変だな。無知の人に手取り足取りで教えて、ようやく覚えたら卒業でしょう?それが絶え間なく入ってきて出て行ってが無限にやってくる。これは間違いなくルーティンワークになる。仕事としての面白さはどこにあるんだろう。

学科の方ならもはや常識のことを永遠に繰り返すので飽きてくるだろう。技能のほうなら、むしろ無知を教え続けるのは呆れてくるんじゃなかろうか。

 

教習所の教官というのは不思議な職業だ。もしかすると副業の人が多かったりするんだろうか。どうなんだろうな。

 

 

しかしいざ初めてハンドルを握ると怖いもんだね。急に場内とはいえアクセルを踏むことになるとは思わなかった。

ところが1時間も乗れば楽しくなるもんだ。場内ならゴーカートみたいな気分だし。しかし40キロ出すだけでも結構早いもんだね。高速道路走れる気がしないぜ。

 

 

早いところ免許もらって京都まで往復できるようになりたいぞ。

そしたら途中で名古屋寄ったり、長野でぶどう狩りだかなんだかをできたり、遊びの幅が一気に広がる。人生楽しくなるじゃないか。

もちろん最初からそんなすぐ遠出できるもんじゃないだろうけど。

 

生きる幅が広がるのは楽しいもんだね。教習所はそういった意味では楽しくて仕方ない場所だ。

これで落ちなければ楽しいままだろうさ!

〈927.コミュニティに属すること〉

4月12日。

 

ひさしぶりにテニスをした。ひさしぶりといっても、大学時代の半年に一度とかそういうレベルではなく月一くらいには頻度を上げることができている。田舎のいいところは施設利用代が安いことだ。気軽に運動できるのはいいよね。

地域のおじさんおばさんと楽しくテニスさせてもらったけど、若いっていうことで走り回る担当になる。

この、地元に帰った時の若者としての特別待遇はいかにも田舎らしくて好きな文化だ。

 

 

例えば同じテニスクラブのおじさんおばさんがご飯に連れて行ってくれたとしよう。20代なんてまだまだ食べ盛りだ、なんていって食べ放題に連れて行ってくれる。最近はそんなに食べられなくなったので、もういいですわぁとかいうと怒られる。お前みたいな若い男が食わずしてどうするとか。ありがたいことですよ。しかし胃袋は小さくなるので最後はもう懇願になるわけだ。

その空気も含めて好きだ。

 

もちろん、この空気を楽しむためには小さいことから仲良くしてくれる必要がある。信頼関係があって、お世話されていた時代があるからこそ大人になっても可愛がってくれる。

地元に帰ると、改めて時間を過ごすことの大切さを知る。

 

 

地元のおっちゃんおばちゃんは適度な距離感があるのもいいことかもしれない。週に一度とか月に一度、場合によっては半年・一年に一度会うかどうかなので、会うたびに新鮮な話題を提供できる。ずっと一緒ではないので多少嫌なことも目を瞑ればいいしそれで困ることもない。

 

そういう意味でも小さい頃からコミュニティに属することは将来的にも楽しい経験ができる。

チヤホヤしてもらえるし、コミュニティ特有の暗黙の了解でのコミュニケーションは色々思考しながら話を進める練習になる。単純に仕事の話を聞かせてもらえたりもする。

社会性を育む第一歩として地元のコミュニティは大事なんだな。

 

 

隣のコートで中学生がテニスをしていた。テニスのレベルはそこそこだけど、ちょっとしたコミュニケーションは中学生相応だった。確かに当時の僕は隣のコートにボールが入ってもそんなにどうとか思わなかったかもしれない。

一人暮らしを経たからこそわかることもあって、その一番が社会性とかコミュニケーションとかそういうのだったのかもしれないな。

〈926.髭剃り〉

4月11日。

 

髭剃りをプレゼントでもらった。

これまで機械式ではない髭剃りだったので、ちょっと恐怖というか大丈夫なのかしらと不安だった。ところがどっこい、この機械式の髭剃りは楽チンで仕方ない!これは良いものをもらった。そんなに変わるものなのかと不思議だったけど、これは変わるわ。

 

 

まずなによりも、顔を水で濡らしたりクリームを塗ったりしなくて良いのがとんでもなく楽だ。これまでの手動のやつだとなんも塗らなければ剃り負けてヒリヒリしていたものだけど、電動だとなにもつけない方が良いということ。最初は恐る恐るだったけども、まったく剃り負けないしむしろツルツルだし、こりゃあいいね。

風呂場だったり、洗面所に限られず、しかもクリームなし水なしなので顔を洗ったりして服が濡れるようなこともなくなった。

気が向いた時にジョリっとすぐおわる。これは素晴らしいものだぜ。

 

しかもプレゼントでもらったやつは自動洗浄してくれるやつなので、わずらわしい掃除もいらない。髭剃ってそのまま機械に差し込めばブロロロローっていって1時間後にはまた綺麗に使える。

 

 

この発明は素晴らしいな。脱毛するほどでもないけど髭剃りがめんどくさくて仕方ない。その手間をほぼなくしてくれるし、ヒリヒリすることもない。自分で買うには手を出しにくいけど、プレゼントには最適だな!こりゃあいいもんもらった。旦那さんとか彼氏さん向けのプレゼントにはもってこいだろうな。

 

 

しかしまあとんでもない技術が世の中にあるもんだね。髭を剃ろうと思い始めた人もびっくりだけども、それを手軽にできる機械にしようってのはすごい発想だ。バリカンもそうだけど、刃物を頭部に当てるのはかなりビビるものだ。カミソリとはいえ失敗すれば血が出るし、痛いことに変わりはない。

そのリスクを極限まで低くして、それでいてきちんと剃り残しがないようにしっかり剃る。こんな技術なかなかないでな。

ちょっと髭剃りの歴史ってのにも興味が出てきたぞ。間違いなく失敗もあったろうし、技術革新もあったろう。そういう本でも探してみようかしら。

 

 

人に歴史あり、ってことなら物にも当然歴史がある。人がどういう目的で、どういう偶然で、どういう技術があって、いまの形になったのか。そして当然、それは今後も発展していくだろう。

髭剃りもロマンってことだな。良いものもらった。

〈925.家事と達成感と居心地〉

4月10日。

 

実家に帰ると犬の世話くらいしか家事をしないので、それはあかんということで洗濯と食器洗いを担当することにした。それなら料理みたいになにか不満が出てくるようなこともないので気楽である。

ということでお手伝いではなくきちんと担当することになったので実家でも居場所ができた。

 

 

しかしながら家事っていうのはいいもんだね。頭使わずにやれるけど、やらなきゃ困るのでだれかはやる。そう言う仕事好きなんですな。トイレ掃除とかゴミ拾いとか。そういうのいいんですな。

多分その延長でドラクエメタル狩りもあるんだと思った。頭使わずに目標達成の気持ちよさだけ得られる。いいもんだ。

目標達成の気持ち良さってのはなんだろうな。達成感を簡単に得られるのはそれは達成感だろうか。家事の良さってのも任務完了の気持ち良さだろう。もっといえばゲームの気持ち良さもそうだ。あれこそ現実にはなんにも影響ないけども気持ち良さだけが残るもんだ。

 

 

達成感って本来なら難しいことをやり遂げた時に得られそうなもんだ。難しいっていう人によって違うものが指標なので、定義づけが難しい。オリンピックの金メダルを取るのと汚い部屋を掃除し終えることじゃあわけが違う。

しかしながらとりあえず達成感という点では同じかもしれない。この達成感がなんで欲しいのか。

なんか遠い話のようなきがするけども、どちらも生きることを肯定できるからなような気がする。気持ちいいことをなぜ求めるのかっていうと、気持ちいからだということになるんだけども、意味づけをするならば生きた理由がそこに生まれていると言える気がする。

 

その時僕はこれこれをしてました、といえると何かしらに貢献してたことになる。そしたら一定の社会性を確保できる。つまり生きてますよと言えるわけです。

 

 

むりやり社会的なつながりに答えを求めがちな気がする。達成感になにも理由なんかいらないだろうな。おまけとして肯定感を得られるけども、肯定感は求めて得られるものじゃないものね。

 

あたしが家事を担当するようになったのは家での居心地を良くするためで、それは家族の一員としての意義を得るためです。

それこそ家族であることに理由なんかいらないんだけどもね。みんなの虫の居所が悪くならないようにね。

〈924.自動車の未来〉

4月9日。

 

ついに車の免許をもらうために重い腰をあげた。資料請求してやったぜ。これまでの一人暮らしだと車なんかあったら逆に邪魔で仕方なかっただろうけど、群馬の生活になると車ないと不便で仕方ない。

ということで車に乗れるようになりたいわけだけど、これからの未来社会で車は乗るのかしら。

 

 

もういろんなところで見るようになってきた電気自動車スタンド。使ってる車こそ見たことないけど、これからどんどん増えるんだろう。中国だと国営の会社で激安車の販売に向けて開発してるとかなんだっけ?近い未来、電気自動車ばかりになるんじゃないの。

そしたらさ、自動操縦ももっと増えていくんじゃないの。いまはまだ人間が基本的に操作して、渋滞とかの時にストレス軽減のために自動運転できるとかで、見せ物として完全な自動操縦があるわけだ。しかし見せ物にできている時点で近い未来大衆化するんだろう。

 

そうなると、わざわざ人間が運転する必要もなくなるだろうし、電気自動車でまた操作変わってきたりしたらどうだろうとかで、このタイミングで免許取るのはどうなんだ。まぁ今不便だからいいんだけども。

 

 

といいつつも、やくある反論としては自分で扱うもののシステム・構造が分かってなかったら有事の時に対応できないだろうということだ。

例えばエンストしたときに、今の僕はどう対処したらいいかわからない。それをたぶん教習所でちゃんと理解できるんだろう。

自転車もそうだ。もちろんわからないまま乗るパターンもあるけど、チェーンが外れたらこうすれば良いっていうのは大抵知ってるだろう。

 

人間が扱うものには大抵説明書きがある。そうじゃないと暴走した時に危険だものね。

 

 

だかしかし、スマホってどうなんよ。1番身近なやつになったけど、構造もシステムもいまいちよくわからない。よくわからないまま使ってるからこそ事件に巻き込まれる話もあるんだろう。とはいえ完全に把握できるシロモノじゃないぞ。パソコンもそう。

だから専門知識があるだけでお金をもらえる仕事になる。

 

つまーり、自動車免許だって20年後30年後には専門知識になってるかもしれないよ。もちろん、いまの免許とは違って自動操縦の電気自動車だ。

 

動かなくなったのでとりあえず叩いてみました、なんて話を聞いた時になんでやねんとツッコミを入れられたら金になるわけだ。それならいま免許取っても無駄にはならないかもしれへんなぁ!

俺も多分叩く側の人間だと思うけども。