ホウチガブログ

~方向性の違いでブログ始めることになりました。~

MENU

〈1322.ゴールデンカムイ〉

5月11日。

 

ゴールデンウィークで無料公開のゴールデンカムイを全て読んだ。そしてきちんとファンになった。

ゴールデンカムイ展に行くと、作者がめちゃめちゃ勉強していることがわかる。


大学みたいに研究することの難しさは既存のものの新しい解釈をすることにあるだろう。
一方で作品を作るときには創造の難しさがある。既存のものから新規性を見出すようなアイデア

 

ゴールデンカムイはその双方をしているんだろう。

 

 

前に見かけた文章で、アイヌ文化を悲観的に、シリアスに扱う話はたくさんあるけれど、面白いところや明るいところを扱う話が目立つことはなかったらしい。

そういう既存のあり方を深く研究して、新しい解釈をしている。

そして、創造物として、明治時代というアイデアを掛け合わせ、冒険させるという新規性を生み出している。

 

実際作者さんが何を思って作ったのかは多分インタビューとかあるだろう。そこを調べてみるとたぶん違う話が聞けるんだろう。あとで調べてみよう。

 

 

そんな研究成果から生まれたであろう創造物が遺憾なく発揮されているのはやっぱり漫画である。

注釈みたいな形で説明を加えていたり、きちんと文字量を増やして理解しやすく情報を示していたり。

読み飛ばす、という物語を楽しむ方法もあるけれど、そこをじっくり読んで文化を楽しむという方法もある。そのどちらもできるのが漫画である。

 

 

アニメはそことは違う。

細かい文化の描写は残しているけれど、文字で示すことはできないので詳しく理解することはできない。

キロランケがたばこを勧めるシーンは、アニメで見ることはできるけれど、そこに含まれる文化的な意味合いは漫画では書かれていてもアニメではできない。

時間の尺もあるし、その説明は無粋になりかねない。

 

一方で、話の筋をわかりやすく整えられているのでわかりやすい。

そして声優さんの演技によって、臨場感が増す。楽しい。

 

アニメと漫画のどちらがいいのかは何とも言えない。

ただ、ゴールデンカムイについては漫画を読まずにアニメだけ、というのはかなりもったいないと思わずにはいれない。

 

 

作品を作るためにアイデアを出すのは誰にでもできる。

それを面白いと思ってもらうためにどれだけ研究ができるのか。そこがクリエイターとしての腕の見せ所なのだろう。

 

研究がなされていない作品はやっぱり深みがないのだろう。

勉強しよう。

〈1321.複数エリアで〉

5月10日。

 

ゴールデンカムイを読み漁り、日中は仕事中心の生活になったおかげで、4月から最近までTwitterを見なくなった。

これはかなり精神的に良いものであるようだ。

 

前々から話題にしているけれど、Twitterは不満のたまり場になっている。
人の不満を聞くというのは、それだけでも疲れる。エネルギーが必要なものだ。
職場での愚痴をきくのもそうだろう。

人のマイナスは、伝播して自分のマイナスにもなる。

情報番組を見なくなることで、最新情報に疎くなるかもしれない。しかしながら芸能人の不倫やそれに対する批判的なコメントなど、全く不必要な感情変化がなくなる。

それと同じだろう。

 

 

あとは、日常が忙しいというのは健康的なことである。

寝るときに仕事をバッチリ終わらせれば、なにも不満なく眠りにつける。

それくらい集中することがあるというのは、メリハリもできる。余計な情報をみようと思わなくなる。

 

意図的にTwitterを見なくて済むためには、普段の生活において、目に見える近い目標があることだろう。

 

 

一方で感じるのは、仕事以外の生活においても、仕事のことが頭にあるというのは健康なのかという問いである。

今は余計な考え事をしなくて済んでいるので健康的ではある。これが、例えば結婚したり、子供ができたりしたら話が変わってくる。

仕事のことばかり考えていたら、共同生活はまわらなくなる。世話をするべき対象が存在すれば、自動的に仕事のことばかり考える健康法は取れなくなる。

 

仕事依存症にならないようにしなくてはならないということだ。

 

 

僕は特に依存症体質であると認識している。

 

だから酒とかギャンブルは意識的に触らないようにしている。

しかし、仕事である程度ゲーム性を感じているので、日中の活動に依存性が発生している。

どっぷり仕事に浸かれている時は楽しくて仕方ないけど、例えば人間関係とか違う問題が発生してしまうと、いつも以上にストレスを感じるだろう。

 

 

集中できる環境を作りながら、同時に依存しすぎずに、オンオフをつける。

天職に就くことができたからこその新たな問題である。

 

健康的な生活のためには、余計な情報をシャットアウトすることが大事だろう。しかし、だからといって一つのことに依存するのは危険である。

複数生きるエリアを用意しておけば、一つのエリアで問題が発生しても崩れにくいぞということ。

〈1320.天職〉

5月9日。

 

大型連休が明けて、仕事のある日常に戻った。

朝起きて、昼ごはん食べて、夕方退勤して、夜に飯食って、寝る。

なにかエンタメがあるわけでもなく、普通の研修の日々だ。

 

楽しい。なにがだろう。

 

 

休みの日は、ぶっちゃけ何したらいいのかわからない。

趣味をしたらいいかもしれないが、今楽しいことは仕事内容と被る。ということで仕事を進めたいけれど、社用パソコンを起動してアクセスしてしまうと、履歴からバレてしまう。

やれることは限られてくる。

 

一方で、仕事の日は好きなだけ仕事をしていい。楽しいことにいくらでも向き合っていいし、上長からはフィードバックをもらえる。天職である。

もちろん、アイデア出しをするような研修をやっているので苦しさは一定ある。

それ以上に、いまのこれの行先が希望していた世界が広がっているというのは、とんでもなく嬉しいものだ。

 

就活の運の良さは凄まじかったようだ。

 

 

仕事が楽しいというのは、原初を考えてみたらおかしいことかもしれない。

もともと労働は生きるための手段であって、場合によっては命懸けだっただろう。

今でも生活のための資金を得るためだけに仕事をしている人は少なくない。フリーターでバイト生活している人、派遣として力仕事をする人。

 

そういう意味で、仕事が楽しいというのはちょっと不思議な物である。楽しいことをしてお金をもらえるんだもの。最高じゃないか。

 

 

何のために生きているのか、という問いに対して、例えばあなたが答えがあるとする。

それはたぶん幸福のためだという話に収束するだろう。

子供を育てることとあれば、たぶん楽しいと感じているからそう答えるんじゃないか。

趣味のため、というのは言わずもがな。

 

完全な義務のために生きている、と答える人はたぶん楽しくないだろうし、たぶんどこかで自我が崩壊してしまうだろう。

 

それが僕の場合の答えが、仕事と重なるのだろう。つくづく幸せ者だ。

 

 

そう思っていられるのは研修中だからかもしれない。

実務に入ったら地獄みたいな日々かもしれないし、人間関係がギスギスしたらそれだけでも嫌悪するだろう。

 

でもまあその時はその時としか言えない。

楽しい今のうちに、その先の未来を想定しておいて、いざという時乗り越えられる動機にしておくしかあるまい。

〈1319.マネー〉

5月8日。

 

ゴールデンウィークもおわりである。

僕がしたことといえば、本読んで、アニメ見て、ハラミキだいちと遊んで、SUPをしたもんだ。まあ充実した日々である。

 

だが、圧倒的に物足りないものがある。

グルメである。もっとうまいものを食べたい。そこに金をかけたい。

ということで、やたら美味いものを食った。

 

松坂牛に、漁港のてんこ盛りな海鮮丼。

こんなうまいもん買っちゃったら、スーパーの飯なんか悲しくなるわな!

 

 

しかしまあ社会人になって、改めてお金のありがたみを感じる。

家賃を払って、生活費を払っても、まだ文化水準を落とさない飯が食える。ありがたいね。土日にちょっと映画見たり物を買っても貯金ができる。

 

お金にとりつかれたくはないけども、お金よりも大事なもののためにお金は存在するっていうじゃない。

やっぱりお金は大事なんだな。

 

 

例えば、観光の目的地に行く手段。

学生の時はひたすら夜行バスだった。苦しい4列に乗って、朝一の体バキバキ目しょぼしょぼ。それでコンビニに行ってとりあえずおにぎりで目を覚ますことからだった。

それが今はどうだ。さすがに東京-京都間だと怪しいけれど、それより近い距離なら新幹線である。家のなれた寝床で目を覚まし、歯磨きしてコーヒーでも飲むことができる。

新幹線で寝てもいいし、スマホアプリで遊んでてもいいだろう。本だって読める。仕事をすることもできる。

なんとも健康的で文化的な生活だ。

 

観光地についてしまえば別にどちらでもいいだろう。ただ、お金があるというのはこういう違いがある。メンタル的にもフィジカル的にも楽ができる。

 

かつて仲良くしてもらってた40代くらいの人は、移動は全て新幹線かタクシーだったらしい。そしてその移動はすべてパソコンを広げて仕事をしたとか。

自分の好きなように使える時間が増えるというのが、お金の持つ力である。

 

 

これだけお金お金言っていると、手段と目的が逆転することにもなってしまうから気をつけたい。

お金は、幸せのための手段を提供する物である。お金を集めることが目的ではないぞ。

ケチケチ貧しい生活をして、預金残高をみて喜ぶのはそれまた違うだろう。その預金残高でなにか大きな幸福のための手段であればいい。

 

お金があれば、自分も幸せになるけれど、同時に周りも幸せにできるからね。

大いに越したことないでな。

〈1318.マイナースポーツ〉

5月7日。

 

先日サップをした。

サップはご存じだろうか。

Stand Up Paddleboardの略称でSUPである。

サーフボードの上に立って、パドルで海を漕ぐウォータースポーツである。

 

これがまあなかなか楽しいわけだ。

 

 

まず、ボートの上に立つというのが楽しい。

あの水の上を立っているんだもの、不思議な感覚だ。ゆらゆらバランスをとるのも最初は難しいけれど、慣れてしまえば楽しいものだ。

1960年代にハワイで始まったらしい。エンタメっぽいし、納得である。

 

ぶっちゃけ移動手段としてはまったく理に適っていないと思う。

疲れるし、そんなにスピードは出ないし、落ちるし。それよりもカヌーの方が歴史があるというのは理解できる。

それでも日本のいろんなところでできるんだもの、楽しいものとして理解が広がっている。

 

水が綺麗であれば、魚を見ることができる。

ボーッと立つのもそれはそれで楽しい。

しかしまぁ、なんでだろうね。わからないね。

 

 

マイナースポーツ、それが不名誉なことではないことを祈るが、というのはなかなか不思議なものが多い。

テニスの仲間の一つにパデルという競技がある。スカッシュみたいな感じらしい。

ペタンクというスポーツもある。金属の球を投げて、目標に近いと勝ちらしい。

モルックというゲームもテレビで見るようになった。ボウリングみたいな感じだが、点数を決められたものぴったりにしなくちゃならんらしい。

 

面白い。なぜわざわざそれをやろうというのか。

SUPであれば、サーフィンかカヌーでいいだろう。パデルをやるならテニスでいいじゃん。ペタンク、モルックならボウリングでいいんじゃない?

 

たぶん競技者にこれを言ったらぶん殴られるだろう。違うじゃないかと。

 

 

それをきちんと理解するべきであろう。

サーフィンほど難易度が高くなく、カヌーほどスピード感を求めない。

テニスほど動きたくない。

ボウリングほど力を使いたくない。

そういう要望から、さらに改良を重ねて新規性を出したからこそ生まれたのがマイナースポーツであろう。

 

スポーツのダイバーシティである。面白い。

 

 

スポーツに限らず、ゲームでも映画でも漫画でも、コアなファンがいるのは面白いものだ。

特定の人間の心を掴んで離さないのだから。

 

どんなスポーツも最初はそういうものだったのだろう。

100年後200年後には、もしかするとメジャーリーグがあるかもしれない。街中にはペタンク会場が溢れ、モルック市民大会は一年で最大の楽しみにされ、パデル世界一はどんな競技より難しくなるかもしれない。

 

歴史の創始者になるというのがマイナースポーツの面白さでもありそうな気がしてくる。

〈1317.ゲストの御作法〉

5月6日。

 

人の家に行ったときに、のんびりできる人であるだろうか。

上着はどうするか、荷物はどうするか、どこなら歩いていいか、トイレは使っていいか。自分の領地ではないというだけでも、気をつかう。

相手の領地におけるルール・御作法を気にしてしまうことはないか。僕は大いにある。

食事にお呼ばれしたときなんかは大問題だ。箸の持ち方、茶碗の持ち方、口に入れるタイミング…。

 

試しに海外の留学先の、ホストマザーの前にあることを想像してみてほしい。

考えるべきポイントはたくさんあるぞ。さてどうするか。

 

 

僕が取った行動は、相手のルールが理解できるまで必要最低限の行動のみを取るということだ。

これならばセーフ、というラインを知るまでは動かない。それを知ることができれば徐々に探り探り動く。

 

これがどんな事態を招くのかというと、相手はあまりこの家のことを好いてくれていないと思うようになる。リラックスしていないのだから。

そういうつもりではなくても、そういうふうに映る。相手のスペースを邪魔しないつもりで恐縮していると、相手は逆に悲しくなるのだ。

ゲストが楽しいことが、ホストの喜びだもの。

 

落ち着いて考えればそうだ。

結局、相手のことを考えているようで、実は考えられてない。自分がマイナスに見られないようにした結果、プラスポイントはひとつも得られていない。

 

 

じゃあどうしたらいいだろうか。

相手のルールについて、無知なのは仕方ないだろう。むしろそれを言わない相手に非があると考えて良い。


それよりも、相手が喜ぶことは何か、助けになるのはなにか、という行動が理想だろう。

料理が盛られた時に、ゲストなんだからまずは飯がうまいことを楽しむべきだ。その上で、お皿を洗いますよとか、片付けしときますよとか、そういう配慮である。

 

これは、杉元佐一の行動からである。
漫画ゴールデンカムイゴールデンウィークに無料公開していた。そこで杉元はアイヌの村を楽しんでいた。

かしこまりすぎず、相手の御作法を知ったらそれを守り、全力で楽しんでいた。

相手の立場からしたら、それが一番だろう。地雷を踏んでしまったらそれはしかたないことだ。

まずは楽しむことだ。

 

 

言うは易し行うは難し。ここでならなんとでもいえる。

実際にアイヌの生活に潜り込んだらどうなるだろうか。かしこまっちゃうだろうな。

 

まずは楽しむこと。それがゲストの御作法だろう。

〈1316.花束を買いに。〉

5月5日。

 

花束を買いに行った。

これまではちょっと大きいショッピングモールで、すでにできた花束ばかり買っていたけれど。

今日はちょっとそういう気分ではなく、楽しそうな人に頼みたかった。

 

 

駅の近くの、小さいお花屋さん。

たぶん夫婦で経営しているのだろう。40代くらい。

明るい奥様と、もくもくと作業をしている旦那さん。

15年くらいそこで店を構えているらしい。脱サラして始めた、という感じかな。

色々想像してしまうけれど、どれも楽しそうな人生なのは、今イキイキしてらっしゃるからだろう。

 

 

自分が果たしてどうなるのかは全くわからないけれど、こういう生活も良さげだ。

支えてもらいつつ、支えてあげつつ、なにか同じ大事なものを二人であたためるみたいな、そういうパートナーとの生活は憧れるよな。

 

それがこどもなのかもしれないし、仕事なのかもしれないし、はたまたペットかもしれないし、全く別の、今の僕は想像できないなにかなのかもしれない。

 

 

とてもあたたかいお花屋さんだった。

そんなあたたかいきもちは、だれかにお裾分けしたくなる。

 

歳を取っても、若い今でも、人がお裾分けしたくなるような、暖かい空気を作れる人になりたいもんだ。