ホウチガブログ

~方向性の違いでブログ始めることになりました。~

MENU

〈678.死ぬとか生きるとか〉

8月6日。

 

せっかくダークツーリズムの研究してるんだ。今日という日は大切に考えなくちゃならない。僕らはどう受け取れば良いんだ。この日を。

大切な日と考えるべきなのか、ただ365日あるうちの一つと考えるべきか、誰かの誕生日として誰かの幸せを喜ぶべきなのか。

昨日に引き続き、考えてみよう。

 

まとまりのない、散らかった話だ。

 

 

死ぬということは、すぐそこにある表裏一体なもののはずなのに、どこか遠くにある。それでいて唐突に近づいてきて恐怖を感じさせたり、一種諦観をもつような気分にさせる。

血が繋がる人が死んだ時、いなくなることのさみしさをぼんやり理解できた。

親しい人が死んだ時、残された者が果たすべきなにかを与えられるようなそんな感覚を得た。

同い年が死んだ時、悲しさと同時に生きることの無意味さを感じた。

 

死んだ誰それが天から見て喜んでくれるように生きましょうとか、生きることはそもそも意味がないとか。そういう死の一面だけを捉えることは簡単だ。それを信じればそのほかの考えるポイントを考えなくて良くなるから。

 

意味を持たせると一面だけじゃない。ただ死がそうある、というだけじゃなくなる。

 

喜んでもらえるように生きるけど、実際には喜んでくれない。勝手に生きてる我々が虚無に感情を与えているだけだ。でも、そう考えるとすごく気持ちが楽になる。

僕一人が、あなた一人が生きることに大した意味はない。地球誕生から宇宙まで視野に入れると当然だ。だけど、僕があなたが死ぬと、どこかの心に負担がかかっている。悲しみかもしれないし、憤りかもしれないけど。微力ながらもどこかに力を加えることになる。

 

 

戦争をどう評価するか。

これを明確に言葉にするのは難しい。別にいまの世の中は滅ぶべきだとか、そんなこと考えちゃいないよ。ただ、言うは易しなのだ。なんで反対するのか、僕はまだ考え足りていない。

 

ただ、一点、大切な人が理由もなく殺されるという、その一点だけを切り取って戦争というのならば許さない。そして、その大切な人という範囲については難しい。そりゃあ僕と親しくしてくれる人は間違いなく大切な人だ。でも、おんなじように誰かにとって大切な人で出来上がっているのが社会だろう。それなら死んでよし、な人なんているわけないじゃない。

 

そして平和を守るということは敵がいるということでもある。敵には敵の大切な人がいる。そこに正義がある。

やっぱり誰一人死んじゃあダメなんだよ。仲良くできなくても、敬意を払うことはできるでしょう。

 

 

言うは易し。だけど、言わないことにははじまらない。

物事に対して評価する、意見するというのはそう簡単にしていいものじゃない。覚悟を持ってしなくちゃいけない。考え続けなきゃならない。

 

僕は今日という日を祈ることしかしない。できない。

そして考える。考えた先に答えがないだろうが、それでいい。

無意味な生きるとか死ぬとか、そんなもんないよ。

 

 

戦闘力119日目

860(+3)

勉強+2

その他+1

 

こう考えるとダークツーリズムって結構難しいんだね。

「こうするべき」とかそういうのに逃げないように、中立を保って冷静に分析をする。死がそこにあるとブレないようにするのは難しい。

〈677.弔い〉

8月5日。

 

そこには献花があった。

水やジュースのペットボトルもあった。アンパンマンのぬいぐるみも置かれていた。その一つ一つにお別れの言葉が書かれていた。

まだどれも汚れていない。つい最近の出来事だったのだろう。僕は目を伏せてその前を通った。

 

1ヶ月が経ち、その前をまた通ることになった。花の数は減った。アンパンマンも汚れが見えるようになってきたけども、梅雨を過ごしてこの汚れというのはきっと誰かが世話をしていたのだろう。新しいペットボトルも置かれていた。

 

 

1ヶ月前そこを通った後、僕はすぐに忘れた。別の用事にすぐに頭は占領された。今回もまた、すぐに消えそうな記憶だった。

だから書き残しをした。忘れるのは申し訳ない、というか忘れたくない。そう思った。

 

戦争が起こればたちまちその何百何千倍のそれが失われる。数が増えれば増えるほど、その顔は見えなくなってくる。でも、失われたそれに近しい人の悲しみは、そのすべてが重く悲しい。そりゃあ戦争が起きれば国中が重く悲しくなるのは当然か。

 

 

かつて心理学の先生と一瞬だけ話す機会があった。

悲しい記憶は悲しい記憶としてなにも変える必要はない、ただ、忘れてしまっても自分を責めてあげるな。

 

なんで、忘れると自責したくなるのだろう。

彼/彼女はもうこの喜びを感じることをできない、そのことを僕はもう忘れてしまったのかと。そうすることがなにに対して益になるのか。

命を賭して伝えてくれたことがあるような気がして、それを忘れるのは最大の裏切り者。それに似た感覚があるような気がする。

 

 

ダークツーリズムを勉強しているの、なにが"正しい"弔い方なのかわからなくなってくる。

悲しみの記憶を観光地の場の記憶とすることで、その教育的な価値は増すだろう。しかし、同時にその建前を使って別の意図が現れるようになることがしばしば。

その別の意図も絶対悪なわけがない。生きる人が生きるための戦略だもの。死人はなにも口出しできまいよ。

なのに、肯定しきれない、こう、もやもやするような。他人の不幸をおかずに飯をかっ喰らうような、そんなヒトデナシがチラつく。

 

 

僕はまた、目を伏せて前を通り過ぎる。僕が取るべき正しい行動は一体なんだろう。わかるまで同じ行動を繰り返すほかない。

 

 

戦闘力118日目

857(+3)

勉強+2

その他+1

〈676.就活録〉

8月4日。

 

高校二年生のころ、志望する大学の学食で飯を食ってこいと言われた。

まだまだ雲の上の存在の志望校を、存在するものとして、そして物理的にはアクセス可能であることを理解することを体で理解するために、そしてなによりその空気感を味わうために、そういうアドバイスをくれたんだと思う。

結局アドバイスを実行することはなく、遠くから見つめるにとどまったわけだが、それはそれでいい経験になった。

 

 

そしてまた、それを今日になってやり直すことになった。微妙に空いた午後。せっかくなんだから、ということで就職希望先の会社を見ることにした。

駅からどんなふうに歩くのか。街の雰囲気はどんなものか。あわよくば、会社近くで社会人っぽい人はどんな顔つきをしているだろうか。

 

結果的に大したことのない、ただの大きくて綺麗な建物だった。良い意味で、ただの人間だったんだと思う。その脳味噌の中身は計り知れないけども。

イメージを作ることができたかはわからないけど、良くも悪くも同じ土俵に立てたような気がする。

 

 

想像というのは一人歩きしがちだ。どんなに強い男だろうか。どんなに聡明な女だろうか。どんなキレものだろう。どんな冷酷なやつだろう。しかしどれも絵に描いた餅、そんなやつ存在しない。完全なる強者はもはや人間じゃない。人間である限り、同じ地平に生きる者なんだとようやく理解ができる。

なのにしばらくすると、また同じように餅を描き出す。

 

だから、自分の足で理解することは大事なんだね。先生の思いがようやく汲み取れるようになったと思う。正確にはまだまだ汲み取り切れてないところもあるかもしれない。いずれにせよ、恐るな相手も自分も同じヒト、そういうことだ。

 

 

一年半後くらいには入社しているはずだ。はたしてその「はず」をきちんと成し遂げられているのか、成し遂げ方に満足はあるのか、そこにゴールを置いちゃあいないか、きちんとその先の未来を見据えることができているか。不安だらけの一年がはじまる。

 

 

戦闘力117日目

854(+5)

勉強+3

その他+2

 

思い新に、なんていう思いもないんだけども。いまの自分もこれまでの自分と地続きなので、のっそりがんばろう。

〈675.情報の区分け〉

8月3日。

 

僕はまだ昔語を許される歳じゃあない。そういうのが許されるのは、30代後半いや40代も中頃になってからだろう。そうすれば「昔」と認識する世代と飯に行く機会があるだろう。しかし、そんなときに自分の武勇を語ったところでなんの肴にもならない。いまと昔の社会の違いを語ることがきっと楽しく感じるだろう。その時のためにも、こういうコツコツと毎日書くこともなにかの足しにはなるんじゃないか。そんな期待も最近は出てきた。

 

 

就職活動を最近はじめた。まだまだ情報集めにそんなに躍起になってないのを今日になってやべえかなと思う。インターンシップがそういや始まる時期だった。まともにエントリーシートを書いたこともないし、添削してもらうような人もいない。そしてこの状況だ。会社も会社で中止するところもポツポツと見られる。

思った以上に社会人への道は険しいかもしれない。昔語をする機会もなければ、聞いてくれる後輩もいない未来はなんとしても変えなければならない。

 

 

まだ本番じゃない。練習試合みたいなもんだ。だからまだ焦りもないし、のびのび企業情報を見てられる。大事なのはむしろこの時期だ。この時期に冷静に「やりたいこと」以外の情報に目を通して、条件をしっかり見極めることだ。

そう言い聞かせてサイトを閲覧するんだけども、やる気がイマイチだ。なんというかまだまだ他人事感がある。

 

 

それより近い論文もそうだ。もうそろそろ本腰入れて書き始める時期だと思うんだけど、どっから手をつけたらいいのかわからない。優先順位を決めるためにも、やることひとつひとつを明らかにしていかなくちゃならない。

無限に広がる情報の海を区分けして、どこから占領していくか。そんな感じだ。区分けされない謎の海域も出てくるだろう。

それはいつかの課題ってことで、存在だけを頭の片隅に置いといて、やることは目の前の海域を制覇することだ。

 

そうやってうまく渡り歩かないと、やりたいこととそのための要素のバランスが取れないもんねぇ。

 

 

戦闘力116日目

849(+5)

運動+3

その他+2

 

0時54分。なんとか今日も900字にたどり着いた。イベントがないと書くことが薄いので困ったもんだ。

書くことも上手くなれたら嬉しいんだけども。

〈674.お作法〉

8月2日。

 

最近昔のネタ番組やバラエティ番組を見ることがある。日本一を決める某大会なんかは特にそうだけど、なんというか、ネタを見ても笑えないところがある。10年前にもおんなじ番組をみて大笑いしていたはずなんだけども。

それは今の時代の笑いと異なる笑いだからなのか、はたまたレベルが単純に上がってきているのか、同じようなネタがやり尽くされているから飽きがあるのか。なんなのかはわからないけど、最近の芸人さんのすごさがよくわかる。

 

 

学部生のときにネタ作りをしたことがある。内輪盛り上がりの場だったので、しょーもない漫才だった。それでも、漫才を作る難しさをなんとなしに感じた。それから何本か趣味で作ってみたけど、書いてる時と読む時で温度差がすごい。こんなにもつまらなくなるのかと。

 

論文を書いて、大学院に入って、となると論文を書くことにもお作法、ルール、定石がたくさんあることを知った。そしてそれを知らないことは、その研究の舞台にも立ってない無知を周りに知らしめる恥の多いことだとも知った。若気の至りというやつだ。

きっとネタ作りにもあるのだろう。具体的な何かはないかもしれないけれど、きっと暗黙の了解で方程式ができているところもあるんだろう。

昔のネタがつまらないのは、そのお作法が変化しているからなのかしら。

 

 

そのお作法、ルール、定石というのはなかなか得るのが難しい。本を読むことが一番早いけれど、体得するのは訳が違う。知っていることとできることは違う。

このできることを全て得るのはできない。ただ、知ることはそれよりずっと多くできるはず。誰かが苦難の先にようやく「できたこと」について、苦難の先にようやく文字化できた本を、僕たちは一瞬にして「知ること」ができる。

このいろんな分野のルールや定石、お作法を知ることで、その共通の普遍性を見出すことができるんじゃないか。

そしてその普遍性の先に、人間の不思議な特徴が見出せるんじゃないか。

 

抽象化されたものをさらに抽象化する。その先にいるのが僕たち人間であり、その社会なんじゃないか。

それを見つけてネタにできたら、きっと面白い話ができるんじゃないだろうかしら。

 

 

戦闘力115日目

844(+2)

その他+2

 

人生のお作法なるものが見つけられたら、それはそれでどうなんだろうね。それが哲学なんだろうか。なんでもいいや、本を読もう。

〈673.新しい夏〉

8月1日。

 

8月と言ったら夏休みだ。8月という月を見るだけで未だにわくわくできるのは小学校の学びである。7月末に海を想像してみたり、キャンプを想像してみたりするけど、記憶がある中でそれが実現したことはなかったなぁ。海なし県だし、キャンプする暇があれば冷えた部屋でゲームしてるようなボーイだからね。

 

 

さて今年はどうなるんだろう。海に行く世界になっているのか。山に登る体力はあるのか。室内生活に慣れすぎて単純な環境以外への心配事も増えてきた。おそらく例のウイルスが収まるのはもっと先になるんだろう。

でも、話題の第一からは徐々に降りてきて、僕らの話題への適応力もなかなか馬鹿にできないとも感じる。都会を歩いていると、マスクをしていても何も思わない自分を発見した。当然周りに対しても何も感情がない。マスクをしない人を見て、マスクの存在を認識するという始末。

20年後はマスクオフの世界に戻っているのか、それともマスクオンが当然のマナーとして浸透してしまっているのだろうか。

 

 

花火大会もなければ、祭りの自粛もあるだろう。親戚の家に集ってご飯、なんてのも今年は無しになってしまうご家庭もあるだろう。かくいう私も実家に帰ろうとしたら親からストップをかけられた。確かにいまの社会だとそれが賢明だろう。

これで弱くなる程度の絆であれば弱くなってちょうど良いだろう。これで強くなる絆であれば命ある限り繋がる絆であろう。

 

そういうひとつの指標を手に入れたのは、唯一良いポイントだと思う。いつまで自習なのかとうんざりするのもそうなんだけども、それはそれで滅多にない新しい世界のあり方を知るっていう意味では、SF世界に生きることを疑似体験できていると思う。だから、映画の世界に入りたい!なんて言ってるくらいがちょうど良いのよ。実際経験したらうんざりよ、物語の世界なんてのは。

 

 

戦闘力114日目

842(+3)

勉強+1

その他+2

 

不思議な2020年だよねぇ。その分来年は恵まれた年になってほしいものよ。そんなこと言ったら、鬼に笑われちゃうよ。

〈672.ものがたること〉

7月31日。

 

きみに読む物語」という映画を見た。2004年公開らしい。Amazonプライムは便利ですな。

非常に美しい話だった。進行の仕方もうまいし、まったく休憩させるタイミングがなかった。2時間映画だけども飲み物いらずだ。良い映画を見た。しばらくはこの映画に引っ張られそうだ。

 

 

大学卒業時の私であれば、きっと見なかったろうラブロマンス系の映画である。これを見ようと思ったのも僕の意思ではなく強く勧められたからだし、そもそも映画を見るようになったのも大学院に入ってからいろんな影響があってだ。

映画の良さっていうのは長くても2時間程度で、学ぶべきポイントが無限にあることだ。作品の作り方はもちろん、物語の進め方だったり、あるいは人生の教訓であったり。小説や漫画、ゲームだと短くても数日がかかってしまう深くてとにかく多い情報をまとめ上げてくれる。こんなにいい文化はないぜ。いつか死ぬ前に映画一本くらい関わってみたいものよ。

 

 

昔、サークルの先輩にぽろっと言われたことがある。お前の人生は漫画か映画かにできるんじゃないの。

そんな深い人生を送っているとは微塵も思わないが、嬉しかった。

薄っぺらいことではあるけども、人間誰しも作品にできる物語を生きているんだろう。それを誰か大切な人のために読み聞かせてもいいし、あるいは映画にして、「顔の見えないあなたのために」想いを伝えてもいいだろう。

 

そういう想いを感じさせる人間は本当に美しいと思うし、憧れる。そういう人間になりたいと強く思う。

 

 

当然だけど、とにかくいろんな人に会って、その人その人の話を聞いて、その人が生きる想いに触れるというのは、自分まで燃え上がるような気分になる。

自分の話をする前に相手の話を聞きたい。そしてなぜいまそこに立っているのか。そこを咀嚼した上で語らいたい。

 

もちろん、自分の話もしたいのだとは思う。でもそれはやっぱり敬意を払えるし払ってくれる聞き手がいてほしい。そのためにも、やっぱり腹を割って物語を味わう時間が必要なんだろうな。

 

 

戦闘力113日目

839(+7)

勉強+4

その他+3

映画の感想だったはずなのに、関係なくなっちゃった。いやぁ良い映画だった。参考にします。なにかの。