ホウチガブログ

~方向性の違いでブログ始めることになりました。~

MENU

なにゆえもがきいきるのか

〈617.さよなら〉

3月3日。 研究室の整理をした。そこそこの量の研究書と論文は一気に持ち帰れないので何回か戻ってくるであろう時に回収することにした。いろんな方面を読んでヒントを求めたけどもなにか意味はあったのだろうか。 隣の研究室の同期にあいさつした。どうせ今…

〈615.卒業シーズン〉

3月1日。 用事があって四条河原町のほうにいくと一輪の花を持った高校生がわんさか歩いていた。卒業シーズンか。僕は卒業こそまだしないけどそろそろ京都を発つつもり。 。 論文の提出の後も発表会の後も、同期と打ち上げができなかった。安い飲み放題でベロ…

〈592.親友のこと〉

2月6日。 すごく偏見のある話になるかもしれないし、まったくもって見当違いかもしれない。なのでこれからブラッシュアップしていくっていう話の元だとしておこう。 僕は数人の親友をもっている。親友の定義にもよるかもしれないが、いつ連絡しても気にしな…

〈856.1月終わり〉

1月31日。 はやくも1月がおわった。あまりにもはやいので恐れ慄いている。これをあと11回やったら2022年になっちまう。まだ2021年っていう文字列に慣れてないのに。びびるわぁ。 。 この1ヶ月はとにかく怒涛だった。論文やって引っ越ししてたらおわった。目…

〈854.ツナマヨと十勝パン〉

1月29日。 7時に目が覚めるのはいつぶりだろう。しかも土曜日の朝。なんて清々しいのか。しかも京都は雪。 これはなにかいいことが起こるに違いない。夢見も今日は楽しかった。こんな楽しい夢は何年ぶりだろう。きっといい日になる。 。 29日は金曜日だった…

〈847.日々の彩りのこと〉

1月22日。 最近視野が狭まっているような気がする。視覚的な意味ではなく、いやある意味視覚的にもそうかもしれないけど、考える時のルートが同じような感じ。 悪く言えば無難になっているような気がする。無難が悪なのかという話もあるけども、間違いなく楽…

〈843.ヘキのこと〉

1月18日。 勝手に物語をつけるのが好きだ。すきというよりももはやクセになってしまっていると思う。 例えばくたびれた置き傘があれば、それまでの使われ方を想像してしまうし、車の中のおじさんが歌っていれば仕事でうまく行ったことやら家族と楽しい思い出…

〈840.ダンボールでつくろう!〉

1月15日。 引越し作業を進めている。いまはもうベッドもなく、マットレスもないので冷たい床に敷布団で寝ている。マットレスの柔らかさ、暖かさに慣れてしまったのでなんだか寂しい感じだ。 ということで、ダンボールを下に敷いた。マットレスには程遠いけど…

〈839.ドラマ的解釈について〉

1月14日。 人の話を聞いていると、こいつはこんなにもドラマティックなのかと思える。漫画みてぇだ、ドラマでやってそう、そういう映画ありそう。 しかし自分のことはそれほどそう思えない。でもまあ、冷静に自分のできごとを振り返ってみるとなかなかにドラ…

〈837.趣味と仕事〉

1月12日。 テニスをした。すごく久しぶりにした。そして関西だと最後の機会だろうな。 テニスって楽しくて仕方ない。声が大きくなるし、試合しているのに自然と笑ってしまう。なんというか、最強の状態だった。気がする。 最強っていうのは勝てるから強いっ…

〈835.感動の虚無感〉

1月10日。 小さい頃の将来の夢は覚えているだろうか。 僕はほとんど覚えていない。後付けで当時の文集とか読み返してそうだったのか、というのはあるけども心の底からの憧れはなかった。 中学生の時に弁護士になりたいと思っていたけども、親のすすめであっ…

〈832.鬼滅について〉

1月7日。 鬼滅の刃の最終巻を読み終えた。例に漏れず、僕もえらく感動した。映画で扱っている無限列車編以降が特に気に入っておりまして、最終巻のあの感じはもうとんでもなく好きでした。 ということで今日は鬼滅の話をしましょう。ネタバレとかあんまりな…

〈831.情報の体系化について〉

1月6日。 今年はとにかく情報をたくさん貯蓄しようと考えてあるわけです。貯蓄がなけりゃあなにも出力にまわせませんからな。 しかし、人間の貯蓄は物体にしなくてもできてしまうわけです。それがひとつ良さでもあり、逆に悪いところでもあると思った次第で…

〈827.犬のこと〉

1月2日。 実家にいる犬の話。 柴犬と黒の雑種がいる。二匹はそれほど仲がいいというわけではないけども、特別悪いわけでもない。食欲が異常な黒のほうに柴犬のほうが圧倒されて、柴犬が飯を奪われるくらい。あとはお互い不干渉って感じだ。 そんな二匹も今年…

〈822.言葉を考える〉

12月28日。 人と違う言葉を使うくせって誰にでもあると思う。いつでも挨拶はおはようございますとか、頑張れとは言いたくないとか。そういうくせって気づかないで使って、ある日突然人に指摘されて気づいたりする。 僕の場合、「またあとで」の使い方がおか…

〈819.社会的とは〉

12月25日。 クリスマスだけど、ヘビーな経験をした。僕自身がどうだったわけではなくて一種のフィールドワークみたいな。大阪のいかにも大阪らしいところを歩いてきた。なんちゅーか、色んな人が色んな思いをしながら生きてるんだなぁと思った次第です。 。 …

〈818.いつかの僕へ〉

12月24日。 ようやくここに来て研究に進展があった。本来ならば一年前に出会っておくべき論文。仕方ない、これもまた出会いなのだ。サンタさんからのプレゼントということにしておこう。 。 結局これまでの研究はやっているやっているといいつつも、やり方が…

〈816.スポットライト〉

12月22日。 スポットライトを浴びた経験があるかい。あれは本当に不思議なもんだ。 スポットライトの先には僕を見ている人たちがいるはずなのに。まるでなんにもないみたい。世界は自分だけで、自分のためだけにやっているみたいな。そんな感覚になった時、…

〈809.光一〉

12月15日。 映画を見た。論文も完成ではないけどとりあえず一個壁を超えた。そういうご褒美だ。大学院に入るまで片手で数えられる程度の本数しか見てこなかった。なのにいまじゃあ映画館に向かっている道中でもうワクワクしちゃってさ。やっぱり映画は定期的…

〈792.研究しよう!〉

11月28日。 〇〇しよう!という題名はジョジョの4部のサブタイトルの雰囲気が好きなのでそれを敬意を表して使わせてもらってる感じでございます。 ジョジョ4部のサブタイトルは、「イタリア料理を食べに行こう」「漫画家のうちへ遊びに行こう」「狩り(ハンテ…

〈791.位を上げよう!〉

11月27日。 自分のことを比較的温厚だと思っているけども、かなりのとこ爆発することがありまして。こうなるのメンタルがそっちにとられて非常によろしくない。せっかくいい感情になってきたのに。 そんなときのメンタルリセットがうまくいかなくてなかなか…

〈780.マスターとドクター〉

11月16日。 11月も中頃を迎えている。つまり、修士論文の提出まで残すところあと1ヶ月。最後の追い込みになる。 そこから公聴会があって、最終提出があって、という流れとなるとはじめの一歩を躓けない。この1ヶ月はかなりの大勝負になる。世紀の一大決戦。…

〈766.疲労と適応〉

11月2日。 最近柔軟をはじめた。風呂上がりに30分くらい、動画見ながらダラダラと足を伸ばしたり、肩を伸ばしたりしている。 というのも、時々肩が異常に痛くなることがあるからだ。おそらく、四十肩とか言われるのはこれが悪化したらなるだろうと思われる。…

〈757.いまはむかし〉

10月24日。 高校の同級生が大阪で仕事しているとかで、飲みに誘ってくれた。実に2年半ぶりくらいだ。いまだに親しくしてくれるのはなんともありがたいことだ。 だいぶ酒がまわって、ほとんど覚えてないんだけども、不安があるけども頑張っていこうやあの頃み…

〈754.責任を負いましょう〉

10月21日。 ひさしぶりに壁打ちをした。 筋力が落ちているのがわかるのですごく寂しくなる。あんなにやってたのにこんなにも脆いなんて。 そのわり結構一発思い切り打つのはそんなに落ちてないので、そこそこのスピードは出ているはずだ。その証拠にとなりで…

〈751.鏡よ鏡。〉

10月18日。 研究室の隣にあるトイレに行く。 いつものように用を済ませ、手を洗っていると自分の頭に白髪が一本あった。 僕はこれまで白髪が生えたことがなかったので驚愕しているのだが、僕を知る人に聞くと前からあったとか。その事実にも驚愕である。 そ…

〈750.真理の消失〉

10月17日。 多様性を認めようという動きがある。 LGBTの方への理解だったり、ジェンダー問題だったり、全ての仕事に対する敬意だったり、もちろん国籍や肌の色も。 これ自体、とても素晴らしいことだと思う。なんだけど、この前見たニュースの"コメンテータ…

〈736.泣いてしまえ〉

10月3日。 感情は難しい。 感情のおかげで色々素晴らしいことがある一方で、感情のせいでとにかく難しいことがたくさんある。整理できたと思ってた感情が数年越しに吹き出すこともあるし、もやもやしているのが一瞬にして吹き飛ぶこともある。 理性で制御で…

〈734.難しい話〉

10月1日。 記憶の勉強をしはじめてから、自分の記憶について考えるようになった。 昨日の話は重いような感じだったので、今日は訳のわからない話にしてやろう。 理解できなかったこと。理解できてないこと。 。 中学一年生の英語の授業で習う、主格の話。 we…

〈733.ネガティブ相談室〉

9月30日。 生きることの意味は究極的にはない。だから自省がテーマになった近代の文学者は自殺しがちだった。そういうツイートを見た。 なるほど、明治とかの文豪って言われる人で自死を選択している人をみてもこの人もかぁと珍しくないような気がしていたけ…